化粧品成分

保湿成分
肌の潤いは油分でなく水分です。CACでは、自然なかたちで肌に潤いを与えます。
糖類
糖類は、単糖類と二糖類と多糖類にわけられます。人間の生命の維持には、タンパク質、炭水化物、脂肪の三大栄養素が欠かせませんが、炭水化物の中の水に溶けて甘味を増すものを糖とよんでいます。単糖類は身近なところでいえば、ブドウ糖などです。私たちが普段料理などで使う糖は、大抵は二糖類のショ糖です。多糖類はそれらがいくつか結合して分子が大きくなったもので、こんにゃくに入っているマンナン、りんごのペクチン、植物の細胞や繊維の成分ではセルロース、デンプンなどがそれにあたり、細胞エネルギー源として点滴などにも使われます。特に、多糖類は、親和性が高く保湿性に優れています。また分子が大きくなるため、粘性に富み、皮膚の表面に膜をつくり皮膚の保水・保護を果たしてくれると考えられます。その他に多糖類には優れた保水力だけではなく、分子量が大きいことから余分な油や汚れをやさしく包み込んで洗浄する包接作用もあることも知られています。
糖類を模式的に表すと次のようになります。
単糖類  
二糖類 ○○
多糖類 ○○○○○○………
※CACで使われる糖類はトウモロコシやサトウキビなどの天然素材を原料にしています。
アミノ酸
アミノ酸がたくさんつながったものがタンパク質です。タンパク質は私たち生物体の構成成分で、大切な栄養分のひとつです。人間は、食物から得られたアミノ酸をもとに、必要なタンパク質を毎日生合成しています。毛髪などもタンパク質です。食物では、肉類や卵、豆腐などにふくまれています。
アミノ酸を模式的に表すと次のようになります。
アミノ酸
タンパク質   ○○○○○○○○………
CACのアミノ酸は、トウモロコシやサトウキビなどの天然素材の発酵から得られます。アミノ酸にはいろいろな種類があり、それぞれの働きがあります。特に角質層には、もともと存在する天然保湿成分(NMF)があり、肌の潤いを保つ重要な働きをしています。そして、天然保湿成分(NMF)のなかで、アミノ酸は一番多く含まれています(約40%がアミノ酸)。アミノ酸は、人工の保湿剤とは違い、最もナチュラルな保湿剤です。頭皮も皮膚の一部です。アミノ酸を与え、頭皮を健康的な状態に保つことによって、健やかな髪をつくることが期待されます。
増粘性
肌になじみやすい適度な粘度を与えます。粘度をあげ、とろっとした感じにすることで、肌への密着性を高め、同時に菌の繁殖を防いでいます。多糖類にも増粘効果があります。
アミノ酸系洗浄成分
スキンケアの基本は洗浄です。天然素材由来、弱酸性の洗浄料です。CACでは洗浄成分として、石油系の洗浄成分ではなく、アミノ酸系の洗浄成分を100%使用しています。これらのアミノ酸系の洗浄成分は天然素材~トウモロコシ、糖蜜(タピオカ)~などをベースにつくられています。微生物に分解されやすいので、地球にやさしく環境を破壊しません。もちろん、肌に対しても高い安全性を持ち、肌と同じ弱酸性で何度洗っても肌のうるおいを逃しません。肌に洗浄成分が残留しにくく、やさしく洗いあげます。
スキンケア商品に含まれる成分一覧
分類 表示名称 備考
保湿成分(糖類) グルコース 単糖類
  トレハロース 二糖類
  デキストラン 多糖類
  デキストリン 多糖類
  プルラン 多糖類
  シクロデキストリン 多糖類
  セルロースガム 多糖由来成分
  マンニトール 単糖由来成分
  マルチトール 二糖由来成分
  グリセリン 糖脂質などの構成成分
  カプリリルグリコール 優れた防腐・殺菌効果もあり。
保湿成分(アミノ酸) アスパラギン酸 タンパク質の構成成分アミノ酸。天然保湿因子(NMF)の約40%がアミノ酸からなります。
  アラニン
  グルタミン酸
  セリン
  チロシン
  トリプトファン
  バリン
  フェニルアラニン
  グリシン
  ベタイン  
電解質 塩化K より肌になじみやすいよう生体成分の浸透圧・電解質・pHのバランスを調整する為に塩類などを配合します。
  塩化Ca
  塩化Na
  水酸化K
  水酸化Na  
アミノ酸系洗浄成分 パーム脂肪酸グルタミン酸Na 弱酸性・低刺激性
  ココイルグルタミン酸K
  ココイルグルタミン酸Na  
(品質保持剤) BHT ※品質保持の為の成分は、ボトルタイプ液体洗浄料にのみ配合されます。
  フェノキシエタノール
  カプリリルグリコール
  ポリアミノプロピルビグアニド
  EDTA-2Na  
増粘剤 カルボマー 使用しやすく、防腐効果を高める為に配合します。
メイクアップ成分の表示方法について
厚生労働省・全成分表示記載のガイドラインに準じて表示しています。
着色剤以外の成分を配合量の多い順に記載する。この場合、1%以下の成分は順不同でよい。その後にすべての着色剤を順不同で表示する。
シリーズ製品で「+/-」記号を用いて表示は統一してできるものは、そのように表示しています。
  • シリーズ製品とは…
    ファンデーション、口紅、アイシャドウ、マニキュア、石鹸、オーデコロンなどにおいては,色調または香調を表す部分を除く販売名が同じであり、かつ色調又は香調を除く性状が著しく変わらない場合は「シリーズ製品」として扱われる。シリーズ製品に限っては、着色剤に該当する成分は、その成分がその色の製品に配合されているかどうかに関係なく、「+/-」の記号を表示した後に、シリーズ製品となる製品に配合されるすべての着色剤を表示してよい。